ゲーム文化を体験できるスポット6選

日本には、美味しい和食や美しい景色など、さまざまな魅力がありますが、その一方で、多くのゲーマーにとって日本への旅行は夢のようです。マリオ、ソニック、ポケモンなどの名作ゲームが生まれた場所であり、欧米社会におけるゲームメディアの消費に影響を与えた場所でもあるからでしょう。ここでは、ゲーマーのバケットリストとして人気スポット6つをご紹介します!

電気街

ポップカルチャーに少しでも興味がある人なら、一度は秋葉原に足を運んでみるべきでしょう。このエリアにはゲーム専門店がたくさんあり、誰もが楽しめる場所となっています。ゲーム機やゲームソフト、アクセサリーなどを、驚きの低価格で提供しているお店もあります。

 

SQUARE ENIX CAFE

『ファイナルファンタジー』シリーズや『キングダムハーツ』、そして受賞歴のある『ニーア オートマタ』がお好きな方にとって、これらのゲームの生みの親であるスクウェア・エニックスが作品に特化したカフェを開設しているというのは朗報でしょう。東京にあるSQUARE ENIX CAFÉは、秋葉原と新宿の2店舗展開となっています。店内には、1月に発売された『キングダム ハーツ 3』に合わせて、シーソルト アイスクリームが限定販売されています。

ポケモンセンター

池袋のサンシャインシティを筆頭に、全国各地にポケモンセンターがあります。洋服や雑貨、おもちゃなど、ポケモンにちなんださまざまな商品が販売されています。運が良ければ、ポケモンカードのトーナメントに参加できるかもしれません。

パチスロセンター

ゲーム機やモバイル機器の登場により、ほとんどのアーケードゲームは廃れてしまいましたが、日本は別です。日本アミューズメントマシン協会によると、全国9,000カ所以上に、約4,800のゲームセンターがあります。

日本にはあらゆる種類のアーケードゲームがありますが、本当の意味で、日本文化に浸りたいのであれば、80年近く前からあるパチスロ機に「挑戦」してみてください。このゲームのねらいは、ゲートに小さな玉を通過させ、さら多くの玉をすることです。ExpatBetsのパチンコガイドによると、通常のスロットマシンとは異なり、パチンコでは賞金が出ません。

ハウステンボスゲームミュージアム

ハウステンボスゲームミュージアムは、長崎県にある日本最大のゲーム博物館です。1950年代のゲーム機、昔のアーケード、最先端のゲーム技術、ここでしか手に入らない限定品など、様々な時代のゲーム製品が揃っています。ゲームといえば日本というイメージがありますが、ハウステンボスゲームミュージアムは、ゲーム好きな方はもちろん、そうでない方にとっても入門編としてぴったりな場所になっていますよ。

Ginza Sony Park

大手パソコンメーカーであり、ゲームメーカーでもあるソニーは、昨年、銀座に4階建ての建物(本物の公園を含む)を建設しました。まだ比較的新しく、設備としては2階のローラースケート場、屋上のソニーグッズショップしかありません。ジャパンタイムズによると、この公園はあくまで一時的なもので、2020年にはソニーのオフィスに変わる予定とのことです。